するめいかの刺身(皮の剥き方)

1.胴の中に指を入れ足(内臓)と胴をつないでいる筋を切り、足を引っ張り出します。
2.胴の中に多少内臓が残ってもあとで取り除けます。
3.耳と胴の間に指を入れ、耳を剥ぎ取ります。

4.そのまま耳を足がついていたほうに引っ張ると、一部の皮もいっしょにむけます。
5.むけた皮の部分から残りの皮をむきます。タオルを使うと楽にむけますよ。皮がむけたら胴の中に包丁を入れ、赤線の通り切り開きます。
6.切り開いた身についている内臓などを取り、赤線の通り3つに切り分けます。あとは切り分けた身を細く切れば出来上がり。

7.取り除いた耳は赤線の通り2つに切り分けます。
8.端のほうを裏から赤線のとおりに皮を残して包丁を入れます。
9.切れ目から反対側に引っ張ると、きれいに皮がむけます。

10.あとは赤線の通り細くきれば出来上がり。
【注意!】
刺身にするときに気をつけてほしい点は、するめイカは必ずといっていいほどその身に虫がついています。(米粒くらいの大きさです。)
刺身にする際、その虫を取り除いてお召し上がりください。虫は、イカの皮をむくとそのほとんどが取れますが、身を光にかざすと見つけやすくなります。虫というとすごく嫌なイメージがありますが熱を通して生で食さなければ害はありません。
こんな調理法があるよ!という方がございましたら、是非お教えください。HPにてご紹介させていただきます!
2022年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 定休日